2021年11月22日

[本と旅と]川越城とその周辺を歩く(2021年)

BT9.jpeg

『知の巨人 荻生徂徠伝』とともに

2021年11月21日朝、東武東上線川越市駅から、西武新宿線本川越駅を通って、三芳野神社に向かった。三芳野神社から川越城本丸御殿へ向かう途中に「川越城の七不思議」という説明板がある。
     *
欣喜堂の漢字書体「金陵」は、中国・明代に南京国子監で出版された二十一史のうちの『南斉書』を覆刻したものである。
その原資料となった南京国子監本『南斉書』は江戸時代にはすでに輸入されており、川越藩主の柳沢吉保の計画で、和刻本『南斉書』として江戸長谷川町にあった松會堂松會三四郎によって出版された。
『南斉書』のほかには、最初に出版した『晋書』のほか、『宋書』、『梁書』、『陳書』が出版されている。この訓点・校注を担当したのが荻生徂徠である。


川越城本丸御殿
川越は城下町である。1590(天正18)年、徳川家康が一族家臣を従えて関東に移ったとき、川越には酒井重忠が封じられた。川越藩は、江戸時代には17万石を誇っていた。江戸時代の本丸御殿は、建物の数16棟、1025坪の規模を誇るものだったという。
柳沢吉保(1659–1714)が川越藩主となり川越城を拝領したのは、1694(元禄7)年1月7日のことである。1704(宝永元)年12月21日、甲斐国甲府城と駿河国内に所領を与えられ国替えとなるまでの10年間、川越城主だった。荻生徂徠が柳沢家に召し抱えられるのもこのころである。
『知の巨人 荻生徂徠伝』(佐藤雅美著、角川書店、2014)という小説には次のように書かれている。柳沢吉保はまだ保明と名乗っていた。
保明はなんと七万二千石をとる大名になっており、武州川越に城を持つに至った。前代未聞の破格の加増を受けていた。将軍綱吉の寵愛を受けることはなはだしかったからで、位は侍従、奥の役人の最高位である側用人でありながら、表の役人である老中格にもなっていた。
百六十石と廩米三百七十俵の時代は家来も数えるほどだった。七万二千余石をとるこのときは四百人も抱えていた。仕官の口などめったにない時代に、柳沢家だけは毎日のように人を雇い入れていた。そんなあるとき、たまたま出会った増上寺の了也という大僧正が出羽守と名乗っていた保明にいった。
「増上寺の門前に風変わりな儒者が学塾を開いております。お抱えになりませんか?」
保明は聞いた。
「どう風変わりなのですか?」
「自分で字書を作って、それで字を教えておるのだそうです。教わった者によると、誰も真似ることができないとても出来のいい字書なのだとか」
「名は?」
「荻生徂徠」


BT9_1.jpeg

手指の消毒と検温を経て、川越城本丸御殿に入館する。柳沢吉保が川越城主だったのは元禄時代だが、現存する本丸御殿は江戸時代末期の1848(嘉永元)年に建てられた。

BT9_2.jpeg

明治以降、建物の移築・解体が行われ、本丸御殿の玄関部分と大広間のみが、役所、工場、校舎などに使用されていた。玄関部分と大広間だけでも大きな建物で、このような本丸御殿は東日本では唯一で、全国的に見ても高知城にあるだけという貴重な遺構である。

BT9_3.jpeg

家老詰所は、本丸御殿に勤めていた藩の家老が詰めていた建物である。この建物は明治初期に解体され商家に再築されていたが、1987(昭和62)年に現在の場所に移築された。


川越市立博物館(川越城二の丸跡)
川越市営初雁球場の横を通って、川越市立博物館に向かう。川越市立博物館と川越市立美術館のある場所がかつての二の丸である。川越城の七不思議のひとつ、霧吹の井戸が残されている。

BT9_4.jpeg

消毒、検温、さらに名前と連絡先を記入してから入館する。ちょうど学芸員が常設展示を解説してくれるという時間だった。「近世展示室」では、川越城下町復元模型(500分の1)が圧巻だった。「近現代展示室」では、蔵造りの町並み復元模型を中心に、川越大火と店蔵の成立について説明していただいた。このほか「原始・古代展示室」「中世展示室」「民俗展示室」があった。

BT9_5.jpeg

川越市立博物館の第28回企画展「柳沢吉保と風雅の世界」は、2006年10月7日から11月12日まで開催された。この展示を見ることができなかったが、展示図録には『晋書』の図版が掲載されていた。
『知の巨人 荻生徂徠伝』には、この五史の刊行に至る経緯が書かれている。荻生徂徠は川越城に来たことはなかっただろうが、柳沢吉保が川越藩主だった、まさにその時期に、五史の訓点・校注の作業が始まったのである。

一年と九ヵ月という日が過ぎ、元禄十四年十月九日にも御成があった。例によってもろもろの催しが終わり、数寄屋でくつろいでいるとき、綱吉は出羽守にいった。
「二十一史のうち五史がまだ刊行されておらぬ。そなた、刊行してくれぬか」
『史記』『漢書』など中国の正史「二十一史」のうち、『晋書』『宋書』『南斉書』『梁書』『陳書』の五史がまだ刊行されていなかった。それを柳沢家で刊行せよと綱吉はいった。出羽守は応えていった。
「かしこまりました」
柳沢家には二十人を超える儒者がいる。だが、徂徠以外はいずれも帯に短し襷に長し。徂徠の仲人をした細井知慎がまあまあ世間に聞こえていたが、儒者として大成することなく、柳沢家を致仕してからはむしろ書家として名を成している。ほかに、まあまあの志村楨幹がおり、出羽守は徂徠と志村楨幹の二人に「五史を刊行する。訓点を打ち、校注をくわえるように」と命じた。


川越城中ノ門堀跡をみたのち、埼玉県立川越高校の横を通って富士見櫓跡に向かった。


川越城富士見櫓跡
もともと川越城には天守閣が造られておらず、その代用として物見の役割を富士見櫓が担っていた。櫓の周りには木々が生い茂り、外からはただの小高い丘に見える。

BT9_6.jpeg

富士見櫓跡に到着した。「川越城富士見櫓跡」という石碑がある。説明板の脇の曲がりくねった登り道は閉鎖されていて入れなかったが、別に真っ直ぐな階段があった。それでも石段をかなり登る必要がある。途中に、富士見稲荷大神・御嶽神社・浅間神社の三社が寄り添うように建てられており、そこに参拝する道のようだ。そこからは本来の登り道になり、さらに石段を登って富士見櫓跡にたどり着く。
合戦の際の物見や防戦の足場として、城壁や城門の高い場所に設けられたのが櫓である。川越城には、東北の隅に二重の虎櫓、本丸の北には菱櫓、そして西南の隅に三層の富士見櫓があった。その中でも城の中で一番高い所にあったのが富士見櫓である。

五史は順次刊行されていったが、そのすべてが刊行されたのは柳沢吉保が国替えになってからだったようだ。『知の巨人 荻生徂徠伝』には次のように書かれている。
『晋書』『宋書』『南斉書』『梁書』『陳書』の五史の訓点・校注の作業の方はまだ終わっていない。ひきつづき毎日、本館に出勤して作業に追われていたころ、七月のこと、
「殿(美濃守吉保)はとうとう、まるまる甲州一国を一円支配することになられた」
という報が館内を駆け巡った。


BT9_7.jpeg

現在は更地になっていて何もない。木々の間から川越の街をなんとか臨むことができる。昔は三層の上から川越の街を一望できるのはもちろん、富士見櫓の名のとおり、遠く富士山までも臨めたと思われる。


※足をのばして

川越大師喜多院 客殿、書院、庫裡
昼食後、川越大師喜多院へ。江戸城の紅葉山御殿を移築した客殿、書院、庫裡を拝観する。
1638(寛永15)年の大火によって喜多院のほとんどを焼失したとき、三代将軍徳川家光が江戸城内・紅葉山から移築して、客殿・書院・庫裡に当てた。それによって、江戸時代初期の江戸城の遺構として残されることになった。
客殿には「徳川家光誕生の間」がある。客殿からは紅葉山庭園を見ることができる。家光公お手植えといわれる枝垂れ桜があった。書院には「春日局化粧の間」があり、枯山水の小堀遠州流庭園もすばらしい。庫裡は、現在では拝観入口として使われている。

BT9_8.jpeg
客殿

BT9_9.jpeg
書院から見る枯山水庭園

BT9_10.jpeg
庫裡

仙波東照宮、川越八幡宮を回って、東武東上線川越駅に戻る。
posted by 今田欣一 at 17:10| Comment(0) | ★本と旅と[メイン] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月01日

「きたかみ」で海へ

2021年10月24日午後6時、苫小牧港から太平洋フェリー「きたかみ」に乗船。
吉田拓郎の「落陽」(作詞・岡本おさみ、作曲・吉田拓郎、1973)を思い出した。ただ、今の時期ではすでに日が暮れているが。
しぼったばかりの夕日の赤が
水平線からもれている
苫小牧発・仙台行きフェリー
あのじいさんときたら
わざわざ見送ってくれたよ

この曲を初めて聴いたのは学生の頃だった。当時はフォークソングが流行っていた。1973年のライブで歌われ、ライブアルバム『よしだたくろう LIVE’73』に収録されている。「岡本おさみが北海道を放浪した時の実体験に基づいて、賭博に明け暮れた老人との港での別れの情景を歌っている」という。

エコノミー・シングルというベッドとテーブルだけの小さな個室に入る。テレビはあるが、地上波は電波が弱く、画面が乱れて途切れがちである。インターネットもここからは繋がらない。

午後7時、出港。初めての太平洋クルーズである。部屋からは港は見えない。夜なので水平線は見えないし、月も星も見えない。
iPhoneに入れているアルバムの中から、弘田三枝子の「タッチ・オブ・ブリーズ」(1983)を選び、聴くことにした。弘田三枝子は、元気でパンチのある10代、伸びやかに歌い上げた20代を経て、30代になって落ち着いた雰囲気のヴォーカルでこれまた魅力的だ。大野雄二プロデュースで、シティ・ポップスの幕開けの頃のアルバムだ。
ワイヤレス・イヤホンから「パープルホライズン」(作詩・茅野遊、作曲・大野雄二、芳野藤丸)の心地よい歌声が流れてくる。
Purple Horizon 夕闇に
散りばめた ハーバー・ライツ
Silky Breezing 潮風が
首すじに舞うわ

あるスキャンダルから、渡米、結婚、出産、帰国と続く激動を経て、久しぶりに発売されたアルバムであった。『週刊宝石』(1983年4月1日号)掲載の本人へのインタビューによれば「大人が楽しめるイージーリスニングということね。だからけっこうセクシーなものが多くて、できる限りスンナリと歌う努力をしたの」と答えている。なかでも、若い人向けの曲として「パープルホライズン」を挙げている。私は20代の終わりの頃で、ボカッシイという書体を制作していた。


午後10時ごろ、プロムナード(展望通路)に陣取る。夜の海を見ながら、今度は佐野元春のアルバム「Coyote」(2007)を選び出した。私は創業10年目で、「きざはし金陵」「さくらぎ蛍雪」に続いて、「さきがけ龍爪」を制作していた頃である。
このアルバム「Coyote」について、オフィシャル・ウェブサイトの解説には「コヨーテと呼ばれる、あるひとりの男の視点で切り取った12篇からなるロード・ムービーであり、その映画の架空のサウンド・トラック盤という想定で作られたコンセプト・アルバム」と記されている。
「コヨーテ、海へ」(作詞作曲・佐野元春)を聴く。
めざせよ海へ めざせよ海へ
そうさ、ここから先は
勝利ある、勝利ある、勝利ある、
勝利あるのみ
Show Real…





午前5時に目覚めた。日の出予定時刻が午前6時少し前ということで、デッキに向かった。

Sapporo-Kitakami_02.jpg

水平線から朝日が上り、海を赤く染めるのを静かに見つめている。

Sapporo-Kitakami_01.jpg

陽はまた昇り、人生の旅は続く。

Sapporo-Kitakami_03.jpg

Sapporo-Kitakami_04.jpg

Sapporo-Kitakami_05.jpg




posted by 今田欣一 at 08:27| Comment(0) | 終章:「白澤」の宿望、札幌の虹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする