2022年07月10日

私のプレイリスト(スペシャル)

弘田三枝子 恋のクンビア
--シックスティーズ・ベスト(1962–1967)

CD6_1.jpg

弘田三枝子(1947–2020)の1960年代は、欧米ポップスのカバー曲で知られているが、オリジナル曲もデビュー当時から数多く歌っている。第16回NHK紅白歌合戦(1965年)での歌唱曲「恋のクンビア」をタイトル曲にして、東芝レコード時代(1962–1964)、日本コロムビア時代(1964–1967)それぞれ8曲、計16曲を選んだ。

前期 寝不足なの/ブルージン・ブルース/おでこにキッス/明日をみつめて/そっと一人に*/若い街角*/気ンなるあいつ*/ひとつぶの真珠
後期 恋のクンビア/道/愛のゴーゴー/瞳の中の私/夜明けの海/恋はノン・ストップ/若さが燃えてる/黒いブーツと革ジャンバー
ボーナストラック レオのうた/世界の国からこんにちは



弘田三枝子 渚のうわさ
--筒美京平を歌う(1967–1970)

CD6_2.jpg

筒美京平(1940–2020)が作・編曲した弘田三枝子のオリジナル曲を集めた。第18回NHK紅白歌合戦(1967年)での歌唱曲「渚のうわさ」をタイトル曲にして、橋本淳・林春生作詩による前期(1967–1968)から10曲(当時未発表曲1曲、カバー曲1曲を含む)と、なかにし礼作詩による後期(1970)から2曲、計14曲。

前期 渚のうわさ/枯葉のうわさ/春風のうわさ/涙のドライヴ/渚の天使/可愛い嘘/風とオトコのコ/悲しみの足音/さざ波のバラード/恋のエンジェル・ベイビー/砂に埋めた涙/ダンシング・セブンティーン
後期 燃える手/鍵を捨てたの
ボーナストラック 渚のうわさ(セルフカバー)/可愛い嘘(セルフカバー)



弘田三枝子 人形の家
--川口真を歌う(1969–1977)

CD6_3.jpg

川口真(1937–2021)が作・編曲した弘田三枝子のオリジナル曲を集めた。第20回NHK紅白歌合戦(1969年)での歌唱曲「人形の家」をタイトル曲にして、なかにし礼作詩による前期(1969–1970)から8曲(当時未発表曲2曲を含む)と、安井かずみ・千家和也・藤公之介・中里綴作詩による後期(1975–1977)から8曲、計16曲。

前期 人形の家/私が死んだら/ロダンの肖像/あなたがいなくても/鏡の中の天使/恋愛専科/愛の翼/裁かれる女
後期 女の癖/胸さわぎ/絵空事/川の向こうに/別れた男*/あなたの口紅*/後悔*/他人事みたいに*
ボーナストラック 人形の家(英語バージョン)/あなたがいなくても(セルフカバー)



弘田三枝子 バラの革命
--セブンティーズ・ベスト(1971–1974)

CD6_4.jpg

1970年から1974年までの4年間は、6人の作曲家の競演となった。第22回NHK紅白歌合戦(1971年)での歌唱曲「バラの革命」をタイトル曲にして、いずみたく・村井邦彦・三原綱木作曲による前期(1971–1972)から8曲と、小室等・森田公一・馬飼野康二による後期(1972–1974)から8曲、計16曲を選んだ。

前期 バラの革命/失われた月光/裏庭の出来事/恋人時代*/美しかった場所/恋はフィーリング/都会の女/誘惑
後期 別れたのちに/この大空に捨ててしまおう/別ればなし/愛の裁きは肌でうける/花の咲く朝/危険な関係*/蝶の雨/ひとりぽっちの海
ボーナストラック できごと/ささやき



弘田三枝子 マイ・メモリィ
--弘田三枝子を歌う(1976–1997)

CD6_5.jpg

弘田三枝子(高木エリカ、MICO名義を含む)自身が作曲(または作詩)したJ-POP系(日本語歌詞)の8曲とJAZZ系(英語歌詞)の6曲、計14曲。「マイ・メモリィ」は映画『ドーベルマン刑事』の挿入歌である。また、「ミスターシャドー」のテレビ番組での歌唱映像が残っている。

J-POP マイ・メモリィ/『ドーベルマン刑事』のテーマ/ミスターシャドー*/ボディートーク*/IN THE MOOD/O-KAY/も・いちど/雪色のサンバ
JAZZ SWEET LOVE/SOUL LADY/IN MY FEELING/A Woman Am I/Free And Easy/I Still Love You Baby
ボーナストラック IN THE MOOD(セルフカバー)/雪色のサンバ(セルフカバー)



弘田三枝子 愛のNOKORIGA
--大野雄二を歌う(1983)

CD6_6.jpg

大野雄二(1941– )のプロデュース、作・編曲によるアルバム「タッチ・オブ・ブリーズ」(1983)収録の10曲。編曲はSHŌGUNの大谷和夫(1946–2008)との共作、「パープルホライズン」の作曲はSHŌGUNの芳野藤丸(1951– )との共作、「IN THE MOOD」の作曲は弘田三枝子である。「パープルホライズン」のテレビ番組での歌唱映像が残されている。

Side-One 美しい悪夢/ひとつぶの記憶/今夜はCRAZY/ひとねむり/パーティーへの招待
Side-Two パープルホライズン/乾杯はロゼで/IN THE MOOD/愛のNOKORIGA/レッツダンス・レッツラヴ
ボーナストラック SATIN DOLL/BUT BEAUTIFUL*/I WANT TO BE HAPPY/THE THINGS WE DID LAST SUMMER* (アルバム「JAZZ TIME」(1973)収録の大野雄二編曲による4曲)

*印は、私のCDコレクションに含まれていない曲

続きを読む
posted by 今田欣一 at 08:50| Comment(0) | ★私のCDコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする