2023年11月06日

[余聞5]DL販売の時代


CDパッケージとして発売されなくなって、現在はすべてダウンロードでの販売に切り替わっています。委託しているE-Commerceサイトは、デザインポケット、アフロモール、フォントガレージ、フォントファクトリーの4サイトです。
とくにCDパッケージでは発売されていない活字体セット12種については、販促用にポストカードを制作しています。


[和字書体十二勝]

和字Commanders 12

『子規に学ぶ俳句365日』(週刊俳句編、草思社文庫、2017年)から、3月31日の句として取り上げられている正岡子規の俳句「カナリヤは逃げて春の日くれにけり」を、漢字をひらがなにして組んでみました。


[総合書体]

臨安宋朝体 陳起M Combination 3
臨安宋朝体 陳起B Combination 3
福建元朝体 志安M Combination 3
過渡期明朝体 武英M Combination 3
中世安竹体 方広BK Combination 3
中世安竹体 方広M Combination 3

『日本のタイポグラフィ』(佐藤敬之輔著、紀伊國屋書店、1972年)の「文体にふさわしい書体」を参考にして、三島由紀夫著『文章読本』(中公文庫、初版1973年、改版1995年)で紹介されている文章から組み見本を作ることにしました。
「臨安宋朝体 陳起M・B」は、森鴎外『寒山拾得』の冒頭部分、「福建元朝体 志安M」は近松門左衛門『曽根崎心中』の「天神森の段」冒頭部分です。『寒山拾得』は「第三章 小説の文章」で、『曽根崎心中』は「第二章 文章のさまざま」で紹介されています。
「過渡期明朝体 武英M」は岡本かの子『花は勁し』の冒頭部分、「中世安竹体 方広M・BK」は織田作之助『夫婦善哉』の引用部分です。『花は勁し』、『夫婦善哉』ともに「第七章 文章技巧」で、前者は比喩的表現、後者は擬音詞(オノマトペ)の例として批評されています。

古代呉竹体 銘石M Combination 3

「古代呉竹体 銘石M」もCDパッケージでは発売されていないので、このポストカードも作ることにしました。梶井基次郎『蒼穹』からの引用部分で、「第三章 小説の文章」と「第七章 文章技巧」の自然描写の両方で取り上げられています。


[ほしくずやコレクション]

和字Southern Cross 4
和字Big Dipper 3+3
和字Blue Comet 3+4+4
和字Milky Way 4+3+4

ほしくずやコレクションは、もともとCDパッケージでは発売されていなかったので、ここでまとめてポストカードにすることにしました。
「和字Southern Cross」は、『三好達治全集 第一巻』(筑摩書房、1964年)所載の詩集『間花集』より三好達治の四行詩「夜明けのランプ」を、「和字Big Dipper」は、『白秋全集6』(岩波書店、1985年)所載の歌集『桐の花』より北原白秋の短歌二首を、漢字をひらがなにして組んでみました。
「和字Blue Comet」は『子規に学ぶ俳句365日』から7月1日の句として取り上げられている「ひと匙のアイスクリムや蘇る」を、「和字Milky Way」は6月30日の句として取り上げられている「夏草やベースボールの人遠し」を、漢字をひらがなにして組んでみました。

UB5_2b.jpeg
欣喜堂・活字入門帖、欣喜堂・書体見本帖、欣喜堂・組み見本帖


posted by 今田欣一 at 19:54| Comment(0) | 活字書体打ち明け話・5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする