2020年08月24日

「KOさきがけ龍爪M」のものがたり5

日本語書体「さきがけ龍爪」の誕生

「さきがけ」は、2005年に「和字書体三十六景第三集」のなかの1書体として発売されていた。これに、漢字書体「龍爪」、欧字書体「K.E.Aries」を加えたのが「さきがけ龍爪M」である。漢字書体「龍爪」、欧字書体「K.E.Aries」は独立した活字書体としては発売されていない。
TrueTypeの「KRさきがけ龍爪M」は、「KRもとい龍爪M」、「KRかもめ龍爪M」とともに、2008年7月から「robundo type cosmique」にCD版での販売を委託した。その1年後には、「designpocket」などからダウンロード方式での販売も開始された。
もともと近代明朝体と組み合わされていた「かもめ」だが、その力強さは「龍爪」となじむのではないかと思ったのである。
このほか、「和字書体三十六景・第二集」(2003年)の「KOはやと」や、「和字書体十二勝」(2019年発売)に含まれている「KOうえまつ」、「KOにしき」に、漢字書体「龍爪」、欧字書体「K.E.Aries」を組み合わせることも考えられる。

KOもとい龍爪M
KOうえまつ龍爪M(★)
KOさきがけ龍爪M
KOにしき龍爪M(★)
KOかもめ龍爪M
KOはやと龍爪M(★)
★は未発売
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください