2020年09月30日

[漫遊]織田信長の安土城をゆく(2005年)

BT2.jpeg

山本兼一『火天の城』とともに

山本兼一の『火天の城』は、織田信長から近江安土に「天高くそびえ立つ天下一の城を作れ」と命ぜられた尾張熱田の宮大工・岡部又右衛門が、安土城を完成させるまでを描いた小説である。


安土セミナリヨ跡

aduchi_01.jpg

2005年8月、私はJR安土駅に降り立った。駅前の安土観光レンタサイクル(ふかお)から声がかかった。電動アシスト自転車を勧められた。サイクリングのモデルコースの資料にマーカーで印をつけながら、案内してくれた。せっかくなので、このコースに従っていくことにしよう。
はじめて電動アシスト自転車に乗ったが、これはいい。ぐんぐん進む。まず、めざしたのは安土セミナリヨ跡である。数分で到着した。
イエズス会巡察師ヴァリニャーノは、日本人の司祭・修道士を育成することが日本布教の成功の鍵を握るとみていた。宣教師に対して好意的であった織田信長の許しを得て、安土城下に神学校(セミナリヨ)のための土地を譲り受けた。1580(天正8)年、宣教師オルガンティーノによって日本最初のセミナリヨが建てられた。
『火天の城』では、京都の教会の建て直しについて、設計を担当するオルガンティーノと、施工を担当する大工たちとのやりとりの様子が次のように描かれている。これが安土のセミナリヨの建築へとつながっていくのだろう。

故郷のイタリアにあるようなロマネスク風の建築にしたかったが、半円アーチを使った図面を見せると、大工たちは、即座に「無理だ」と首をふった。
「丸い壁も屋根も、つくったことがないので、できない」
というのである。どんなに説得しても、首を縦にふらなかった。
オルガンティーノは、大工にできる日本建築の範囲で設計と意匠をつくし、できるだけ壮麗な教会堂になるよう工夫した。


安土のセミナリヨは安土城炎上の際に焼失してしまった。現在はその跡地の一部がセミナリヨ史跡公園として整備されている。公園の入り口には「セミナリヨ趾」の碑が建てられている。


安土城大手道・伝羽柴秀吉邸・伝前田利家邸・伝徳川家康邸跡

aduchi_02.jpg

百々橋(どどばし)を渡り、右へ曲がって大手道休憩所へ向かう。ここで自転車を置き、石段を登ることにする。大手道だ。
表玄関に当たるのが大手門跡である。大手門の東側に東虎口、西側には西虎口と枡形虎口があった。城の正面に四つの門があるのは当時の城郭では考えられないスケールだそうだ。
大手道は、大手門から天主・本丸に至る大通りである。大手門から山腹まで約180メートルにわたって直線的に延びている。道幅は約6メートル。その両側に幅1メートルの石敷側溝(いしじきそっこう)があり、その外側には高い石塁(せきるい)が築かれている。
『火天の城』には、織田信長が岡部又右衛門たちに大手道について説明するシーンがある。

城の本丸への道は、細く幾重にも折れ曲がらせるのが、常套的な築城術である。攻め寄せた敵を集団のまま城内に入れず、分断して個別に撃破するためだ。信長の発想は、常識を真っ向から否定している。
「これでよい。山頂までに三度曲げれば、防備は充分だ」
「されど、定法とはちがう築城にござれば……」
三間幅のまっすぐな大手道などつくっては、敵をわざわざ歓迎しているようなものだ。
「帝(みかど)のお通りまします道だ。あまりゆがめられもすまい」
「みかど……、帝とおっしゃったか」
驚いてざわめいた一同のなかでも、一番大きな声をあげたのは、岡部又右衛門だった。
「本丸には帝のために、清涼殿を建てよ。内裏(だいり)と同じ間取りにするがよい」
信長のひろい額が、高慢そうに光っている。又右衛門が、膝を打った。


道の左側は伝羽柴秀吉邸跡である。郭(くるわ=造成された平地)が上下2段にわかれた大規模な屋敷で、下段郭の入口には櫓門が、上段郭の入口には高麗門が存在したが、今は案内板があるのみだ。下段郭は馬6頭を飼うことのできる厩(うまや)があり、上段郭には書院造り(しょいんづくり)の主殿を中心に、隅櫓(すみやぐら)など多く建物で構成されていたという。
道の右側には、伝前田利家邸跡である。伝羽柴秀吉邸跡と同じような構造だが、その配置には大きな違いがあり、こちらは複数の郭に分かれている。こちらも案内板があるのみだ。そこから少し上に伝徳川家康邸跡があるが、その地には1932(昭和7)年に摠見寺仮本堂が建てられている。


安土城天主台・本丸・二ノ丸跡

aduchi_03.jpg

黒金門(くろがねもん)跡から先が安土城中枢部である。標高が180メートルの安土山の最も高いところにある。東西180メートル、南北100メートルに及ぶ安土城中枢部は高く頑丈な石垣で固められている。建物は全て焼失したため、石垣と礎石によってのみ往時を偲ぶことができる。この石垣は400年以上にわたって崩れることなく、ほぼ原型を保ってきていることに驚かされる。
黒金門から安土城の二の丸跡と進んでいく。二の丸跡は、織田信長本廟が1583年(天正11年)2月に羽柴秀吉によって建立されている。信長の太刀や烏帽子、直垂(ひたたれ)などの遺品が埋葬されているそうだ。
本丸跡も碁盤目状に配置された119個の礎石(そせき)が残るのみである。この礎石の配列状況は、当時の武家住宅に比べて規模と構造の特異性がうかがえる。天皇の住まいである内裏清涼殿と非常によく似ているというのだ。やはり本丸御殿は天皇行幸のために用意された行幸御殿だったのだ。
さらに登っていくと安土城天主台跡(安土城だけは天守ではなく天主と表記する)に到着する。1メートル以上の高さの石垣に囲まれた、東西、南北それぞれ約28メートルの広さである。ここには礎石が1、2メートルおきに整然と並べられている。ここは地下の部分で、この上に地下一階、地上六階の安土城天主が建てられていた。居住空間のある初の高層建築で、信長自身もここ住んでいたのだ。
『火天の城』では、岡部又右衛門が天守台の設計を考える様子を描写している。

——木をどのように組めば、七重の建物が安定して立ち続けるのか。
岐阜で信長に築城を命じられた時から、又右衛門は、ずっとそのことを考えていた。ああでもない、こうでもないと、浮かんでくるいくつもの木組みを、笊(ざる)で篩(ふるい)にかけるように選別し、ひとつの結論に達した。
地下蔵の礎石から四重まで四本の大通柱(おおとおしばしら)を立てる——。それが又右衛門の結論だった。
正方形に配置した大通柱に、一抱えもある太い梁(はり)を、各重でがっしり組み込ませれば、天主の骨格が頑丈にできあがる。


この設計をもとに木組雛形を作って実験をし、材料を調達し、普請(土木工事)と作事(建築工事)を行なって、巨大な安土城を竣工させるまでの悪戦苦闘を感動的に描いている。
安土城天主台跡の石垣に登ってみる。ここからの琵琶湖の眺望は素晴らしい。
帰りは摠見寺道(百々橋道)から降りる。途中、摠見寺本堂跡、摠見寺三重塔、楼門(仁王門)金剛二力士像を巡る。摠見寺は織田信長が安土城築城にあわせて建立した寺院である。こうした寺院が城郭内に建てられているのは安土城だけだ。
モデルコースに従い、サイクリングを続ける。安土城天主信長の館、安土城考古博物館、そして安土町城郭資料館を巡る。安土町城郭資料館には安土城が20分の1のスケールで再現されている。安土城天主信長の館には天主5階、6階が原寸大で復元されている。

安土桃山時代を象徴するもうひとつの城、豊臣秀吉の伏見城跡(現在の明治天皇桃山陵)を訪れたのは2009年8月のことである。

posted by 今田欣一 at 19:41| Comment(0) | 漫遊◇本と旅と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください