2020年12月17日

「星屑書体集成」のこれから4

星屑のステージ 第三幕

『タイプフェイスデザイン漫遊』(株式会社ブッキング、2000年)で発表した「欣喜ラウンド」を発展させて「ロンド巴里」を、「欣喜イノセント」を発展させて「アンジェーヌ巴里」を制作している。これに「ルリユール巴里」「テアトル巴里」を加えた。
和字書体「アンジェーヌ」、「ルリユール」、「テアトル」、「ロンド」には、漢字書体「巴里」とともに、Sans Serif Roundedの組み合わせを考えた。書体名を、やはり星座の名前から「K.E.Orion DemiBold」にした。
「たうち林佶」「さなえ林佶」「いなほ林佶」は、フォントワークスから発売されている「はつひやまと」「わかばやまと」「みのりやまと」のカバーである。これに「まき林佶」を加えた。
和字書体「たうち」、「さなえ」、「いなほ」、「まき」には、漢字書体「林佶」とともに欧字書体のヒューマニスト体を組み合わせることにした。書体名は、やはり星座の名前にしようということで、「K.E.Cassiopeia Medium」にした。
「カルテ造像」「タクト造像」「ザイル造像」は、文鼎科技有限公司から依頼されて和字書体を制作した「AR魏碑體」のカバーである。和字書体「カルテ」、「タクト」、「ザイル」には、漢字書体「造像」とともにテクストゥール体「K.E.Ophiuchus Medium」を試作している。

(2020年12月24日更新、2021年1月2日更新、2021年7年10日更新)
posted by 今田欣一 at 08:26| Comment(0) | 6章:日本語書体12撰・第3期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください