2023年10月14日

[追想5]ライセンス(使用許諾)について

有限会社今田欣一デザイン室のデジタルタイプの使用許諾について、ウェブサイトのページに次のように記載しています。

使用許諾
有限会社今田欣一デザイン室は、OpenTypeを購入された方に、以下の条件のもとで使用を許可します。
1 このデジタル・タイプの著作権などの一切の権利は、有限会社今田欣一デザイン室に帰属しています。購入された方は、購入によって使用権を得るだけとします。
2 購入された方は、一台の機器にかぎって使用することができます。一台の機器のみにインストールしたものであれば、複数人で使用してもかまいません。
3 デジタル・タイプの複製、改変、配布することは禁じます。購入された方が所有する機器以外で第三者が使用することは禁じます。デジタル・タイプのデータを含むゲームなどの販売・配布することは認められません。
4 デジタルタイプを使用した際に発生した機器およびソフトウエアの故障、誤動作、誤出力、ウイルスへの感染などに関して、有限会社今田欣一デザイン室は責任を負わないものとします。


この使用許諾は、プロフェッショナル(法人・個人)を主な対象にしたものです。この中で「一台の機器にかぎって」ということについて提案していただいていますので検討していきたいと思います。

商用と個人使用

欣喜堂ブランドでの販売において、個人の(プロではない)新しい顧客層の獲得を目指したいと思っています。ただ、ブランドイメージは守りたいので、売れ筋とは逆行しますが、ポップ的な方向ではなく、同人誌などの本文がメインであることは変わりありません。
現実的に、欣喜堂ブランドでの販売は、法人よりも個人が多くなっています。また法人においてもデザインを専業としない企業の方が増えています。職種別においても、いわゆるクリエイターではない人が、クリエイターの売上を超え、今なお成長が続いているようです。
スマートフォンやタブレット、電子書籍リーダーでの利用も増えているようです。特に若い世代を中心にPC(WindowsやMac)だけではなく主にタブレットやスマートホン(iPhone/iPad)でフォントを使ってクリエイティブを行うケースが増えています。そうなると、個人での使用の場合には「一台の機器にかぎって」ということでは現状に合わなくなっているのかもしれません。
また、PCのインストールではなく、Canvaなどのオンラインのデザインツールでの利用もあるそうです。これは各サービスのユーザーマイページよりサーバーにアップロードすることでそのユーザーだけが使えるようになるというもので、こういった利用の仕方への対応も考えていく必要があるのかもしれません。
posted by 今田欣一 at 14:48| Comment(0) | 活字書体打ち明け話・5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする